SOUND CAMP/富山美術館

kaku916-35

音楽/構成 を担当したサウンドパフォーマンス’SOUND CAMP’
お越しくださった方々、ありがとうございました。
当初 野外の予定の公演でしたが、雨降り天気で急遽富山美術館内へ。
素晴らしい吹き抜けの空間をめいいっぱい使わせていただき”CAMP”しました。

今回やったことは、普段のソロワークでもテーマにしている
”聴く”行為から 内側に起こるあらゆる距離の伸び縮み について特にフォーカスして構成していきました。
——-
距離の中で、私はあなたを感じる。
見えてないはずのこと、聴こえていないはずのこと
想像してもいいという事を、思い出すこと
今ふと伸ばした指先に触れているのは何だっけ

こちら側から今、むこうへ触れている
——-
そんなことを考えていました。

kaku916-3971258353_388530652057576_1404676694903619584_n.jpg
演奏をしてくださった素晴らしい3人のサックス奏者の皆さん、
キュレーションしてくださった石川吉典さん、そして最高なフライヤーをデザインしてくださった原田ひかるさん、サポートしてくれた仲原 達さんにも改めて感謝します。
PHOTO:仲原 達

SOUND CAMP
2019/9/16
〈音楽・構成〉角銅真実
〈演奏〉角銅真実、大石俊太郎、本藤美咲、松丸契
キュレーション:石川吉典
主催:富山県美術館