金属でできていて、息で音を出す楽器

12832477_849436588512972_9118198145583089680_n.jpg

先日、はじめて金管楽器のためにつくった曲のレコーディングをしてきました。
中学校のころからずっとチューバに憧れていたので
感慨深かったです。
人が集まったときの息の厚みというのを感じました。

大好きなダンスユニットのための曲です。
3月くらいに、どこかで公開されるとおもいます。

それから、私はひとの”音の間違い”をとっても愛しく感じます。
間違いは、その時、その人にしかできないからです。

ちょっとした間違いの中に、その人らしさや、その人の思いが隠されてるようにかんじます。

人間の音楽

春がたのしみ。